高麗人参の効果とは?男性の活力に必須の成分

カテゴリー:成分説明

本日はのより商店にご来店いただきありがとうございます。

お客様担当の黒岩です。

「高麗人参」という成分をご存知でしょうか?

精力剤や栄養ドリンクにも配合されている漢方薬ですが、何となく「効果がある」とい認識の人も多いでしょう。

その何となく、しっかり理解していないとあまり効果を得られないかも…

ということで、日本一有名な漢方薬「高麗人参」のことについて、大切な部分をご紹介しましょう。

高麗人参とは何か?

高麗人参(こうらいにんじん)とは、中国北東から朝鮮半島、ロシアの沿岸部が原産の薬草のこと。

中国を最初に統一した秦の始皇帝に関する文献に高麗人参が書かれている為、最低でも3000年以上の歴史があります。

高麗人参という名前の通りニンジンの仲間、と思われがちですが全くの別物。

むしろ本来の「ニンジン」という名称は高麗人参のことを指していました。

江戸時代に日本に入ってきた赤いニンジン(せり人参)がメジャーになるにつれ、そちらがニンジンと呼ばれるようになり、こちらは高麗人参として扱われるようになりました。

なお、高麗人参という名称ではあるが、朝鮮を支配していた高麗王朝とは関係がないです。

高麗人参の効果とは?

秦の始皇帝も愛用していた高麗人参ですが、一体どんな効果があるのでしょうか?

1500年前に書かれた薬物書「神農本草経」によると、高麗人参は以下の治療目的で利用されていたようです。

  • 皮膚の治療
  • 胃腸の調子を整える
  • 結核や喘息といった肺の病気の改善
  • 体の渇きを防ぐ
  • 精神安定
  • 血の製造
  • 滋養強壮

この中でも「滋養強壮」「血の製造」「肺の調子を整える」については現在でも明確に効果が確認。更に血圧の安定化が期待されています。

特に滋養強壮の分野に関しては韓国やドイツを始めとした世界中で研究されているほど。

ではなぜ、世界中で研究されるほどの活力が得られるのでしょうか?

その秘密は高麗人参にのみ存在する「ジンセノイド」にありました。

パワーの秘密「ジンセノサイド」とは?

「ジンセノサイド」はステロイドサポニンに分類される成分。ステロイドサポニンとはオリゴ糖(当分の仲間)です。

高麗人参の約4%を占めるこの成分には、性機能の強化、神経、腎臓、肝臓、血液製造といった幅広い効能を発揮しております。

現状は難しいものの、ジンセノサイドを抽出したサプリメントが販売されればもっと強い効果を発揮するでしょう。

とはいえ、これだけパワーがある高麗人参ですので副作用も存在します。

不眠症に要注意!高麗人参の副作用

高麗人参は一般的に安全性の高い薬草ですが、それでもいくつか副作用などが報告されています。

最も多い副作用が不眠症。

これはジンセノサイドが神経に作用している為だと考えられます。

その根拠として、過剰摂取を行と多動(落ち着かない状態)や頭痛、躁状態といった神経トラブルを引き起こすため。

また、正常利用では効果が期待できる性機能向上ですが、過剰摂取を行うと逆に低下するという報告書もありました。

いずれにしろ、高麗人参はサプリメント、もしくは漢方医の指導のもとで口にすべきです。

漢方とサプリメントで何が違うの?

漢方で処方される高麗人参とサプリメントとして配合されている高麗人参はどう違うのでしょうか?

漢方で使用されている物は粉末だったり、高麗人参をお酒に溶かしたりして成分を抽出しています。

素材そのものを利用しているので地域や季節、栽培方法によって成分量が異なるという欠点があります。

一方サプリメントの場合、差が出ないように加工するのでいつでもどこでも同じ成分量で仕上がります。

高麗人参を取りたいならサプリメントのほうがオススメですよ。

高麗人参も配合された「マキシリン」とは?

男性の活力増大サプリとして大人気の「マキシリン」も当然高麗人参を大胆に配合しております。

また、専門家とも相談を行うことで高麗人参と相性のいいとされる「ハチミツ」「オットセイ」「長命草」もしっかり入っています。

そのため、男性として物足りなかったプライドやコンプレックスを粉砕できるほどの増大感を味わうことが出来るのです。

あなたが男性で、「男として一皮むけたい」と考えているなら、今すぐ試してみてくださいね。

男性活力増大サプリメント「マキシリン」はココをクリック>>

上へ戻る