ただ着るだけじゃもったいない?!アブクラックスインナーの効果的な使い方

カテゴリー:商品紹介

SNSで注目を集めているアブクラックス(縦に割れた腹筋)。うっすらと縦線が入るくらいに鍛えあげられた腹筋は美しく、うっとりしてしまいます。

そんなアブクラックスを作る方法としてオススメしているアブクラックスインナーですが、このアブクラックスインナーをただ着るだけではなく、さらに効率よく効果を実感できる方法があることを知っていますか?
今回はより早く、しっかりと実感したい人のためのアブクラックスインナーの使い方についてご紹介していきます!!

アブクラックスインナーは長く使えば使うほど効果がある。

アブクラックスインナーは特殊な繊維を使って筋肉を刺激します。この刺激によって代謝を促して燃焼をサポートする働きを持っているとされ、着る時間が長ければ長いほど筋肉への負担が大きくなってきます。

ジムなどで行われる加圧トレーニングのような強い力で圧迫し続けるとうっ血を起こす場合があり、1~2時間単位で加圧を止める必要があります。

しかし、アブクラックスインナーには筋肉を刺激しながらも、うっ血しない程度の圧力がかかっているので、長時間着用し続けることができます。

なので、店長としてまずアブクラックスインナーの効果を実感したい人へのポイントとして「長く着ること」です。朝や昼はもちろん、就寝時にも出来れば着続けることで常に刺激し続けることができます。

ただ注意してほしいのは”汗”ですね。代謝が促されることで汗がかきやすくなり、イヤな臭いがこもってしまう場合があります。残念ながらアブクラックスインナーには消臭機能はないため、汗をかいたら臭ってくる前に新しいアブクラックスインナーに着替えてください。

のより商店女性スタッフが使った感想として、朝着始めて昼ぐらいには汗でしっとりしてしまうようです。なので1日まるっと使いたい人には2着購入したほうがいいと思われます。

運動をするときに使う時にアブクラックスインナーを使えば効果抜群!!

長く着ることはもっとも簡単な方法ですが、さらに効果を高めたい方は運動時に着てみてください。

腹筋やランニング、フィットネスを行うとき、アブクラックスインナーを着ることでより筋肉負担を増やすことができます。

インストラクター付きの加圧トレーニングをより手軽に体験してみたいと思っている方は、アブクラックスインナーを着ながら運動することをオススメします。
着て運動するのと、着ないで運動するのでは疲労感が全く違います!!

意識的にお腹を軽く引っ込めたり、膨らませたりする。

お腹をへこませ続けることは普通に腹筋を鍛える方法として知られていますが、なかなか続けにくいですよね。腹筋に力を入れる方に気が散っちゃったり、仕事の方に集中してしまって気が付くと引っ込めるのを辞めてしまっている人は少なくはないと思います。

そこでアブクラックスインナーの出番です。アブクラックスインナーはお腹の筋肉を押し上げるように力がかかっています。お腹を引っ込めた際にはそのポジションを保つようにサポートし、お腹を膨らまそうとすると抑えようとする力が働きます。

お腹を引っ込めて、膨らませる。この二つの動きをするだけでも腹筋には刺激を与えて鍛えることができます。思い出したときにするだけでも、アブクラックスインナーを着ていれば1日中意識的に腹筋引っ込めるよりも効果は高いです。

アブクラックスインナーで効率よく、ラクに鍛えましょう!!

アブクラックスインナーは日常生活を過ごしながら鍛えることができる素晴らしいアイテムです。

なかなか自分磨きをする時間が割けない人はなるべく長く着ること。よりキレイなアブクラックスをしっかりと作りあげたい人には運動中に着ること。そして時々お腹を膨らましたりすること。

この3つを行って、スッキリとした美しいアブクラックスを目指しましょう。

上へ戻る